鹿爪らしいやつ

 私如何して人間は生きてるのだろうとか、私が生きてる意味ってなんだろうとか、如何して師という概念があるんだろうねとか考える人間が大嫌いで、私も考えてしまうことはあるんだけど、鹿爪らしくおあつらえむきのお顔を準備して、私はこんなことを考えているのよというように、こんなことを考えてしまう私を、ひとりぼっちじゃない、孤独ではなく、私への共有を求めてくる人間が嫌い。何故か私に話しかけてくるのはそういう話をしたがるひとばかりで、私はそういうひとたちにとって何らかのサインが見えるのか、私なら貴方に対してあらあなたそんなことを考えてしまうのね、変わっているのね、人生生き辛そうね、とか、言ってくれるように思えるのかしら。
 別に考えちゃいけないわけではないし、考えたって構わないし、それで勝手にこんなことを考えてしまうアテクシに酔うのも勝手なのだけれど、如何か我儘で構いません、私を巻き込まないでほしい。
 そうやって人間というものに苛々しているうちに、外からは聞こえてくるお囃子、好きなロックバンドが活動休止して、最近食べるのはお茶漬けばかりで、おなかはいつもすいていて、おかねはなくて、たまらなくてやりきれない。
 本は一日ちょっとずつ読むし、時々沢山買うし、ランボオの詩集はページが進まず、ゲームは相変わらずいつもやってるし、パソコンで書きものもして、夏課題には手をつけず、そういう怠惰が私を生かす。生きているうえで生かされていることはとても重要なのだけれど、でも生きているの前に生かされているを持ってきてはいけません。そうしたら誰かの為に生きなくてはならなくなってしまうから、他人が死ぬ時に、そんなことしたら親御さんが悲しむとか言う人間に、なってしまうから。
 痛みとか、他人の苦しみとか、そういうのを気付かないで、ばかみたいに鋭く貫くほどの鈍感を振りまいて、いろんな人を無作為に傷つけたい。どうしてモラルや道徳なんていうものはどこでも規定されていないのに、そういうのの中に誰でも他人を傷つけてはいけないとか、含まれていると皆が皆信じられて、正解で、自分が思っているモラルから逸脱する人間に対して疑いようもなく、苦し紛れにでもなく堂々と、普通に考えて、とかモラルとか道徳的に如何なのっていってくるような、他人を自分と同じように考える最高の身勝手をまとめて傷つけて、これが私なんですと主張出来たらどれだけ善いだろう。
 SNSにはいろんなひとが溢れていて、とっても沢山、自分が変わっている、特別だと思い込みたい人間とか、ほんとうにおかしい人間とか、根っからの常識人とか、痛々しい人とか、溢れてる。
 以前諸事情で学生限定のチャットアプリをインストールして使用しなければならなかったときに、そのアプリの利用規約の可笑しい部分をメモ的な意味合いで呟いてたら知らない高校生に絡まれて、数時間会話したことがある。大量の人間が関わってきて、私は一方的に責められるばかりだったけれど、私が理由や意味や根拠を聞いている時に、ブスとか死ねとか真面目ちゃんは勉強してろよとか、いやならやめろよとしか言われなくて、救いようもなく高校生は私が音とている以上にばかで語彙力がないのだと痛感して、その諸事情は姉だったのだけど、姉も顔の見えないチャットアプリでは理由を聞いてるときにばかとか死ねとかブスとしか言えないような子なのだろうかと不安になったりもした。
 成程私は真面目なのかもしれない。中身のない言葉しかふるうことができない現代の高校生に較べたら、私も高校生だけど、少しは真面目でちゃんと会話ができるタイプなのかもしれない。心底安心するよね。たぶんあっちからしたらわけわからない話ばかりするブサイクな真面目ちゃん、って感じで自分は面白くて話も判って流行も理解してる可愛い子、なんだろうけど、私は安心する。言葉をちゃんと使える子で本当によかったと、身勝手に安心する。
 ネットにおいて言葉は軽くなる。ものすごく、責任をのせたら墜落してしまうほどに、軽くなって、軽くなって勝手に飛んで行ってしまうものを地上から若い子たちは見て、言葉は軽いんだと勘違いをする。全然違うんだけど、思い込んでしまう。
 直ぐに表現の自由とか発言する権利を引っ張ってくる人間をこそ、責任を背負えないことを、言葉の重みを理解してないことを、自由や権利を行使したいのならその分の責任が伴うことを、理解していないのだと、私は勝手に理解したふりをして、手のひらを重ねて満足する。
 言葉の重みを理解するよりも流行を大事にするひとがいて、筋の通った発言をするよりも面白い話をする方が大事と考えるひとがいる。それは別に構わないのだけど、どんな言葉を振るおうとも、言葉の重みは、責任の所在は変わらないように私は思う。悪魔も神も私たちを統率しないから、それは最早仕方なく生きていく呼吸の根源として、そこにある。
 でもその責任って具体的には如何背負えば良いの。死ねといって、明確な殺意を持って、私が貴方を憎んでいる、浦んでいるということを伝える端的な二文字で、相手がほんとうに死んだとき、私たちの責任って、何なのかな。
 責任ってつまり、発言によって傷ついたひとがいる場合、その傷に見合う謝罪とか、申し訳ない気持ちを表現しろとか、そもそも誰も傷つかない発言をしないように、っていう、そういうことではないと思うんだ。
 だって言う側と言われる側どちらにも責任は伴う。たとえ突然ぶつかられて、相手がガラが悪くて邪魔だとあたられたのだとしても、理不尽と言われるかもしれない世界に置いて、ただぶつかられただけの私にも、問題がある。そもそもいじめだって戦争だって、100%どっちかが悪いなんて、あるわけがない。
 云うなら原爆だって、日本はアメリカに原子爆弾を落とされるだけのことをしでかしたわけで、それを棚に上げて自分たちだけが被害者ぶってアメリカに賠償とか、謝罪を要求するのは違う。確かに戦争において、民草を巻き込んで善いのかと言われればそこは近代の戦争の移ろいに問題はあるけれども、貫かれるべき正当なうえでの平等、民主主義を行使したもうとするのなら、政府を止められなかった国民にも、選択を誤った国民にも問題はある。だからこのことに関して(もう既に言われたけれど)国民ではなく無能な政府の問題に、国民に大勢の被害を生んだのは問題だとか、国民を巻き込んだアメリカが悪いとか、そういうのは少し違うと思うのです。私が好きな日本は江戸時代くらいに終わってしまったからそういう視線も入ってるのかもしれないけれど、生きていく上で可能性の生命が途絶えていく社会で、如何やって凍えを回避していけというのかしらとばかり、思うのです。
 ゲームで素材が落ちなくて泣いてます。あと三つなんだけどなあ。欲しかった探偵さん、60連爆死して今日10連分もらったけれどもう回さないから…今から次のイベントに耐えるんです…水着…推し鯖はCMにいなかったけどたぶん礼装で来るので……ええ、fgoです……。

(c)etn 2017-